ING STYLE FURNITURE

BLOG

イグスタイルファニチャーのブログ

10月7日より3日間のおくんちは秋晴れに恵まれ、賑わっておりました。

本日は最終日「お上り」です。

 

神輿が諏訪神社へと帰っていきます。

 

晴天とはいえ、平日だったため実際に見に行けず、今年は画像をお届けできませんでした残念…

 

 

 

さて先日のブログにて予告してました、長崎県産木「センダン」にて作られたアイテムのご紹介

 

 センダン01.jpg

センダン02.jpg

…ef sofa living set /// 2.5P sofa & 1P & cabo low table  rank 3:HO-SEP

 

 

 

センダン 漢字で「栴檀」と書きます。本来は中国名で日本で言う白檀

 

浮き出た木目が独特です。

 

センダン03.jpgセンダン04.jpg

 

 

 

5月から6月にかけて、紫の花を咲かせるそうです。

 

 

 

センダン05.jpg

 

試作品の ballena bench sofa もありました。

レギュラーアイテムのウォールナットやホワイトアッシュより和のテイストが強い気がします。

 

 

長崎県産木とはいえ、「センダン」の木は今回で初めて知りました。

 

調べてみる価値あり!と早速センダンについて検索…

 

そこで面白い雑学を発見。

 

明治に刊行された書物の中で、江戸時代 センダンの木は斬首処刑された首を晒す、

いわゆる獄門台の材として用いられたそうです。

よって当時は悪木として、庭に植えるのは嫌われていたとか…

でずが、元々南方の木でインドでは邪気を払う神木として信じられていたと。

 

実はセンダンの薬効に駆虫薬という特徴があり、

晒された生首にたかる虫を追い払う効用もあったのかもしれない とも記されてました。

 

なんともおどろおどろしい話ではありますが、

駆虫薬という効果は家具に向いてるとも思えますよね。