ING STYLE FURNITURE

BLOG

イグスタイルファニチャーのブログ

こんばんは。今日はキドです☆ いきなりですが、 皆さんは話し言葉でなんとなくこれはひらがな、カタカナ、漢字・・・とか、 考えることはございませんか? わたしはいちいち、 「今わたしはひらがなで言った」とか「これカタカナで言ったな」とか思うタイプの人間であります。 たとえば、 わたしがわたしと言うときは、 「私」ではなく「ワタシ」でもなく「わたし」。 「キド」は「木戸」でもなく「きど」でもない。 「あなた」というときは優しいときで、怒ってるときは「アナタ」。 「よろしく」は「宜しく」ではなくて「ヨロシク」でもなくそして「夜露死苦」でももちろんなく、 「4649」。このあたり昔ポケットベル人間だった名残が・・・><;;; わたしの名前は「なみ」(本名は漢字ですが)というのですが、 夫サマは「73」と呼んでたり。(夫サマもまたポケットベル人間だった名残なんでしょーか) てことは、わたしはキド73・・・うわっ変すぎるっ。 いくら昭和人間でも、 わたし、 「悪女」と書いて「ワル」と読んだり、「真剣」と書いて(本気でも可)「マジ」と読んだりは しません。 「キド」と書いて「ぐうたら」と読んだりはするかもですが。 ing-style furnitureの家具はとてもカッコイイので、 お名前はすべて英語?ローマ字?うーん何語かわからん?? ing-styleマイ参考書には読み方がわからずカタカナでフリガナをふってるものも。 お客様とお話してるときは、 家具の名前はおしゃれなアルファベットのはずなのに、 思いっきりカタカナだったり、へたしたらひらがなで「いそらてーぶるです」とか、 口走ってるやっぱりnotイケテルなキドであります。 もしかしてそのように聞こえて、 「あら、なんかかっこ悪っ」と思ったお客様がいらっしゃったら、 ing-style furnitureのステキな家具たちには責任はございませんので、 どうかご勘弁を・・・・・・。