ING STYLE FURNITURE

家族団らんを象徴するちゃぶ台

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 家族団らんを象徴するちゃぶ台

家族団らんを象徴するちゃぶ台

ちゃぶ台は昭和初期の家族団らんのシンボルとして1920年代後半に普及したものです。円形、楕円形、正方形、長方形などさまざまな形があります。日本の住宅事情から長方形のちゃぶ台が多く利用されましたが円形のものは人数の融通も利くことから重宝されました。直径60センチから240センチまでの大きさのものがあり直径30センチくらいの小さいものもありました。

材料となる木材は松、杉、栗、とちの木などさまざまなものが使われ高級品はけやきや桜が使用されていました。脚の高さは30センチ前後が多くなっています。ちゃぶ台の特徴は使用しないときに折り畳めることが特徴です。1つの部屋を多目的に使用することができます。

ちゃぶ台は奈良時代に中国から伝来したもので当時の貴族社会では同じ階級の人たちが同一の食卓を囲み食事をしました。その後武家社会になると上下関係が重要視されたためにお膳で食事をするようになりましたが明治時代になると徐々に家庭に浸透するようになり昭和初期までに全国的に普及するようになりました。

家族が1つの座卓の周りに集まりコミュニケーションをとりながら食事をすることができるようになり、おかずを1つの器にもり個々に取り分ける必要もなくなりました。食事以外にも家族が過ごす居場所としてまた書物や宿題をする場所としてさまざまな役割を果たしました。

その後生活習慣の変化や時代の流れとともに洋風化になりちゃぶ台にかわり一般家庭にもダイニングテーブルの生活が普及したため衰退しはじめました。

洋風化により衰退してしまったちゃぶ台ですが現在また価値が見直されています。和室に似合いますが近年ではおしゃれな雰囲気を出せるアジアンテイストの家具としても注目されています。折り畳み可能で形状もさまざまであることから使い勝手の良い家具として人気があります。古い日本の伝統文化を取り入れた生活が見直されています。円形の丸い形は何人でも座ることができ人数を選びません。

ソファーにもよく合いモダンな洋風インテリアにもよく馴染みます。時代を経て個性的なおしゃれを演出できる家具に変化しました。モダンなタイプや使い勝手を重視したタイプ、天然木を利用した重厚なタイプなど種類がさまざまあります。設置するスペースや部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。多目的に使えるだけでなく和を意識しすぎずにカジュアルに食事を楽しむことができるのも魅力の一つです。

次の記事へ