ING STYLE FURNITURE

ファブリックに拘ったインテリアとは

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > ファブリックに拘ったインテリアとは

ファブリックに拘ったインテリアとは

家のインテリアを整える場合、色々なこだわりかたがありますが、ファブリックにとてもこだわるという人もいます。ファブリックの拘り方は色々なものがあるので、とても楽しくインテリアを整えることが出来ます。また、はっきりとわかりやすいものなので、自分の個性やこだわりを出しやすいインテリアでもあります。
まず、よくあるものとしては、メーカーで揃えていくというものです。自分が好きなショップでカーテンからソファカバー、クッションカバー、マットまですべてオーダーすることで、シリーズで揃えることが出来ます。例えば、青い花柄が好きな場合、色々なメーカーのものを購入すると、少しずつ柄や色合いが違ってきますが、同じメーカーであれば、まったく同じ柄であわせることが出来るので統一感が出ます。また、簡単に整えやすいので、来客があった時に見られても比較的気楽でいられます。
他には、色あいで揃えていくという方法です。こちらは少し手間がかかりますし、時間もかかりますが、自分で色々なメーカーのファブリックのカタログを見て、同じような色あいで揃えていくというものです。もちろん、すべて同じ色で揃える訳ではありません。少しさし色を使ったり、柄を使ったりして変化をつけることで、こだわりのあるインテリアにすることが出来るのです。また、色を少しずつ変えることで、とても素敵な部屋の雰囲気にすることも出来るでしょう。例えば、同じグリーンであっても、ペパーミントグリーン、ダークグリーン、エメラルドグリーンと、様々な色合いがあります。それらを組み合わせることで個性的な雰囲気になるのです。
少し上級な拘り方としては、テーマを決めてそろえていく方法です。フレンチカントリー、アジアンテイスト、リゾート風、カントリー風など、様々なテーマにあわせて整えていくことは、確かに難しいですが、とても素敵な雰囲気の部屋をつくることが出来るはずです。この場合は、アドバイザーなどに聞いてみるのも良いですし、インターネットなどで公開されている部屋の写真や、雑誌に載っている写真などを参考にすると、比較的イメージしやすく、実現しやすいです。しかし、テーマを決めてそろえていく場合は、ファブリックだけでなく家具なども影響してくることが多いため、費用は高くなる可能性があります。その点は注意しておくようにしましょう。
このようにファブリックに拘ったインテリアには、色々なものがあります。

次の記事へ