ING STYLE FURNITURE

インテリアで室内を柔らかに演出するには

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > インテリアで室内を柔らかに演出するには

インテリアで室内を柔らかに演出するには

インテリアで室内を柔らかに演出したいと考えた場合、色づかいに注意をしなければいけません。
まず、やわらかい色合いのもの、目にやさしい色あいのものを選ぶようにしましょう。壁は乳白色やアイボリーなどを選びます。真っ白は強い印象になりますので、避けるようにしましょう。少し色味の入った白や、アイボリーがとてもやさしい印象を与えます。
また、床は自然の風合いのものがとても良いです。合板でも無垢でも良いので、フローリングやコルクタイル、テラコッタタイルなどをもってくると、やわらかな印象になるでしょう。
そうして整えた部屋に、色々な色をもってきます。家具は明るい色目のナチュラルなものを選ぶようにしましょう。木製のもので揃えるように気をつけます。スチールやプラスチックの家具はあまり似合いません。ウレタン塗装がされていない、無垢の家具などの方がより柔らかな印象になります。素朴な雰囲気があるものを選ぶようにしましょう。
カーテンやマット、カバーなどのファブリック類は、どれも柔らかく明るいパステルカラーなどを使うようにします。自然に近い色のものを使うようにすると、柔らかいインテリアになるのです。淡いグリーンや淡いピンク、クリームイエロー、アイボリー、水色などです。少し色あせたようなう雰囲気の色あいのもので揃えると、よりやわらかな雰囲気になります。逆に、NGになるのは原色や、黒などです。とくに黒はきつい印象をあたえますし、柔らかな印象はあまりありません。黒と近いような濃い色合いのものも置かないようにすることがコツです。
また、小物にも注意が必要です。あまり原色系の雑貨小物などは置かないように気をつけましょう。時計や花瓶なども、出来るだけパステルカラーの色あいやアイボリーなどで揃えると、とても良い雰囲気になります。プラスチック系のもの、原色のもの、黒いものなどを置くと、とても目立ってしまいます。注意するようにしましょう。
その他、無機質な電化製品などにはカバーをしておくのも、ひとつの方法です。もし他の部屋に移すことが出来るのならそうすればよいのですが、置かざるを得ない場合は、布などでカバーしておくようにします。
このように柔らかなインテリアで室内を演出するためには、様々な工夫が必要です。基本的には色を自然なものでそろえることがとても大切ですので、しっかりとポイントをおさえて部屋を演出するようにしましょう。

次の記事へ