ING STYLE FURNITURE

モダンインテリアの傑作

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > モダンインテリアの傑作

モダンインテリアの傑作

モダンインテリアとは、ガラスや金属等の無機質的素材を多用し、直線的なデザインを以って、構成された住空間であり、シンプルモダンに対し、都会的な要素を重んじたインテリアデザインを指す、と定義します。
モダンインテリアを、そのように捉えると、「都会的で冷たい住空間だ」との声が聞こえそうですが、ガラスや金属等、無機質的な素材に対し、何をどのように配するのかをデザインする事により、無機質的要素を和らげ、心地よい住空間を演出するのが、デザイナーとしての感性を二分する要件となる、との考えです。
では、何をどのように配したら良いのでしょうか。そこには、人の心を癒す、カーペットやラグ、絨毯等を配す事も必要でしょう。また、贅沢に寛げる、長椅子を配す工夫が求められる事もあるでしょう。その他にも、大柄で、大胆な花柄を軸としたカーテンやクッション等を含む、小物類を配す事も心地よいインテリアの手助けとなることでしょう。
そのような背景にあって、モダンインテリアの傑作とは何か、を考えると、先に触れたような、様々を配する事も不可欠な要因となりますが、都会にあって、無機質的素材群で構成された室内から、外に目を向ければ、リゾート地の木立を想像させるような、大胆な樹木群が配されている事です。さらに、でき得るスペースが許すのであれば、川や滝を連想させる工夫を施す事も提案いたします。
つまり、川のせせらぎを聞き、滝の音を感じ、木立が放つ森林浴にも似た、様々が渾然一体となった様を、自然溢れる渓谷の一角に君臨する住空間の雰囲気の、その全てを、そのまま、変える事無く、都会のど真ん中に創造することです。この事を創造することの全てが、唯一、モダンインテリアの傑作であると考えます。
現在、建築を取り巻く環境には、様々な技術が採用を待ちわびている様相にありますので、それ等を酷使する事で、時として、無機質とも受け止められる要素を有する、都会の生活に、一服の潤いを与えることが可能となる、との立場です。
なぜなら、無機質の集合体とも受け取れる要素を秘めている、都会の喧騒に疲れ果て、心和む空間を求め、我が家に帰ると、そこもまた、無機質な空間であるとしたら、それは住まう人に、心和む至福を提供する住環境と捉える事には、少なからず、距離を感じるようにも思えるのです。
傑作とは、日常に対して、非日常を演出する事にも、その意義は見出せるのですが、毎日お祭り騒ぎのような非日常も考えられますが、ここでは、都会の無機質な喧騒に対する日常にあって、非日常の空間を「傑作」と定義いたしました。

次の記事へ