ING STYLE FURNITURE

インテリアで部屋をスタイリッシュにするときのおすすめの色

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > インテリアで部屋をスタイリッシュにするときのおすすめの色

インテリアで部屋をスタイリッシュにするときのおすすめの色

インテリアで部屋をスタイリッシュにしたいと思う方もいるでしょう。スタイリッシュなインテリアの部屋にしたいと思う場合は、まず、色から考えてみるようにましょう。部屋の印象は色が大きく左右してきます。
スタイリッシュとは都会的で洗練されたインテリアのことを指しますが、使われる色あいとしては、白や黒、グレーなどがよく使われます。シルバー色も使われることがあります。おすすめの色としては、ライトグレーです。明るめのグレーで部屋全体のインテリアをまとめます。すべてライトグレーを使うのではなく、白なども混ぜて使っていきます。壁の色、カバーの色など、視界の中で大きな面積を占めるものは、ライトグレーや白などを選ぶようにしましょう。ライトグレーなどでまとめた中に、明るい色合いをさし色として入れることで、より洗練されたおしゃれなインテリアになります。
スタイリッシュな雰囲気をつくるためのさし色としては、鮮やかなオレンジやブルー、グリーン、レッドなどもおすすめです。基本として使っている白や黒、グレーなどと比べて、明度差がとてもある色を選んでみることが、ポイントです。また、そのような色を使う場合は、あまり大きな面積を占める部分に使わず、クッションカバーやイスなどに使うようにしましょう。その他、さし色はほんの少し入れためにおしゃれであるので、あまりたくさんの色を数多く入れないように気をつけることも、大きなポイントです。さし色を鮮やかなものにして、ほんの少しだけ入れることで印象的な雰囲気になりますし、アクセントにもなるのです。
また、ライトグレーに少し淡い色合いのピンクや紫などを使うことで、大人っぽい洗練された部屋をつくることが出来ます。ピンクはグレーがかったものがおすすめですし、紫は鮮やかで濃い色合いのものの方が、よりおしゃれな雰囲気になるでしょう。
これらの色は、クッションカバーなどだけでなく、家具の扉や小さなラグマット、小物、部屋の扉などに使うと、効果的なアクセントになります。
その他、家具や壁、床などの色の組み合わせで、スタイリッシュな雰囲気をつくることが出来ます。壁と床を同系色の白やライトグレーなどにして、家具を色の濃い黒などでまとめると、メリハリのある雰囲気になります。
このように、インテリアで部屋をスタイリッシュにするときのおすすめの色は、様々なものがあります。基本的な色は白、グレー、黒ですが、それらに少しアクセントをくわえることで、より洗練された印象になります。

次の記事へ