ING STYLE FURNITURE

空間を上手に使うインテリアの選び方とは

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 空間を上手に使うインテリアの選び方とは

空間を上手に使うインテリアの選び方とは

空間を上手に使うインテリアの選び方は、色々なものがあります。
まず、色です。狭い空間である場合は、少しでも広く開放感があるように見せるため、膨張色を壁や天井の色に使います。具体的には、白やアイボリー、クリーム色、ベビーピンクなどです。このような色を使うと、部屋が広く見える効果があります。カーテンやマットなどのファブリック類も同じように膨張色を選びます。また、逆に個人的なスペースを、落ち着いたプライベート感を出した場合は、濃い色を使うのもおすすめです。ダークグリーンや、ダークブラウン、紺色なども良いでしょう。また、奥行きがある空間の場合は、一番奥の壁に濃い色の壁紙を貼ると、とても奥行きがあるように見えます。
また、あまり広くない空間に大きな家具を沢山置いてしまうと、狭く見えてしまいます。小さめの家具を必要最小限、置くようにしましょう。ソファも大きなものを選ばずに、二人掛けとオットマンにしたり、小さなローテブルなどを選ぶと、広々としたインテリアに見えます。また、背の高い家具ではなく低めの家具を選ぶことで、壁が見えるようになりますので、これも開放感のあるインテリアになるでしょう。その他、家具の色や材質は同じようなものを選ぶようにすることで、洗練された印象をあたえることが出来ます。木製の家具であるのなら、同じような色あいで揃えたり、スチール家具でまとめるならスチール家具だけを置いたりして、統一感を出すことがコツです。
その他、照明によって空間を上手に使うインテリアを演出することが出来ます。全体を照らす照明の他に、いくつか、フロアランプやスタンドライトを置くようにしましょう。同じ部屋の中であっても、明るいところと暗いところがある方が、とてもリズムのある素敵なインテリアになるのです。天井から全体をくまなく照らしてしまうのではなく、幾つかの照明を組み合わせることで、部屋が広く見えます。この照明はリビングであっても、寝室であっても同じことです。但し、読書や勉強などをする場所は手元を照らす明かりを置くようにしましょう。また、幾つか灯す照明は、あたたかみのあるオレンジ色の明かりを選ぶことが大切です。青白い光はくつろぎをあたえてくれませんし、気持ちもリラックスしませんので、注意するようにしましょう。
このように空間を上手に使うインテリアの選び方は、色々なものがあります。ポイントをおさえて、上手に選んでいきましょう。

次の記事へ