ING STYLE FURNITURE

コンパクトなカウチの基準

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > コンパクトなカウチの基準

コンパクトなカウチの基準

新しいアパートや新築の家に引っ越したら、誰でも新しい家財道具が欲しくなりますね。そしてその中で多くの人が一番に欲しくなるのがカウチではないでしょうか。仕事で疲れて帰ってきた後に、ゆったりと過ごせるカウチが家にあれば、自宅に戻るのが楽しみになりますね。しかし、カウチと一口にいっても様々な物があり、中にはご自身の自宅のサイズにより、余り大きいものは家に置けないという事情がある人も多いことでしょう。さてそれでは、コンパクトなカウチの基準と言うのはどんなところにあるのでしょうか。
まず、コンパクトなカウチの基準はそのデザインにあります。多くのソファーにはひざ掛けが付いていますが、このひざ掛けが付いているデザインのものは、比較的クラシックで古典的な雰囲気のデザインのものが多く存在し、一見とても美しいのですが、どうしても場所をとってしまうという難点があります。
もしあなたが快適でコンパクトに納まるものをお探しでしたら、ロココやビクトリアと言ったクラシカルな欧州系のデザインのものは避けて、肘掛が付いていないモダンなタイプにしておくのが最善のようです。またモダンなタイプなソファーでも、クラシカルなタイプのものと比べて、ひざ掛けのデザインが薄くスッキリとしたものが殆どです。
そして最近は日本の家屋での使用を想定したモダンでコンパクトなデザインのものが豊富に出回っており、これらはスッキリしたデザインとフォルムも特徴的ですが、多くの物が場所を取らない配慮がされているようです。
特にアパートなどの比較的小さなスペースに入居する予定の人は、モダンデザインの家具類を揃えておくのが無難かつ最善の選択と言えます。
そしてこれらのソファーなどの家具を購入する際は、ご自身がその家具を置く場所の寸法をしっかりと計測し、購入を予定しているものがそのスペースにしっかり入るかどうか、事前に調査しておいたほうが良いでしょう。
そして何より忘れてならないのが、これ等の家具を搬入する際のドアのサイズです。おく予定の場所に寸法がぴたりとあっても、引越しの際などに新しい家具を運び入れる際に、ドアから入らなかったと言う話は枚挙に暇がありません。しかし多くのモダンな家具は、東京などの狭小物件のドアなどでの搬入も想定してあることから、運び入れにも手間取る事が少ないようです。
もしあなたが新しい家具を購入する際は、あなたの家のドアもしっかりと寸法に入れておいたほうがよさそうですね。

次の記事へ