ING STYLE FURNITURE

ソファとクッションの最近の流行素材

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > ソファとクッションの最近の流行素材

ソファとクッションの最近の流行素材

家の中で、家族がいつもくつろげる場所のひとつとして、リビングルームがあります。リビングとは居間のことで、家族がコミュニケーションをとったり、来客があれば、人を通したりする、言わばその家庭の一番賑わう場所です。その家庭によって、リビングルームの様子は異なりますが、最近のマンションなどの間取りでは、LDkを広くとることが多いようです。
子どもも自分の部屋がありながら、家族がいる空間で宿題や勉強をするほうが心地よいと考えることもあったり、大きなテレビで見やすいこともあったりで、わりとリビングの滞在時間が長いのです。
リビングではたいていがソファとテーブルがあることが多いのですが、その家のインテリアコーディネートによって、壁紙やドア、フローリングの色などによって、ソファも色や素材感を考えていきます。また、ソファの上にはクッションを置くようにするのが、定番であるような時代にもなっているので、クッションとしての機能だけでなく、色合いなどでコーディネートをして、素敵なお部屋にしていきます。
そんなインテリアを考えるときには、家具屋さんや雑貨屋さんに行くと、配色などの参考になります。若い人にも支持されている「イケア」や「ニトリ」などでも、部屋のコーディネートの一例を店舗内に展示し、消費者の購買意欲を掻き立ててます。素敵な組み合わせになっているとそれを参考に毎日暮らす自分たちの家も同様にしたくなります。ですから、イメージをさらに明確化させるためにも実際に店舗に行ってみるのがいいのです。
それでは、最近のリビングの傾向について、触れてみましょう。
一般的にソファというと、汚れをふき取るのが容易である皮素材という印象があります。確かに子どもなどがいて、食べ物などをこぼしてしまったら、軽く汚れをとることが出来て便利です。本皮もあれば、フェイクもあります。しかし、カジュアルな素材である綿素材や麻が混ざっている素材も風合いがよく、自然な肌触りで人気があります。また、最近無印良品などで出ている「コンパクトなソファ」はクッション型であり、体にフィットするビーズの入っているものであり、移動も楽なのでひそかな人気商品です。
また、クッションでは従来の正方形のヌードクッションに綿素材やベロアなど季節によって、いろいろなカバーをかけて使うものが主流ですが、低反発クッションやぬいぐるみの表面のような起毛の商品もよく出ています。

次の記事へ