ING STYLE FURNITURE

ソファの生地で最近の流行

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > ソファの生地で最近の流行

ソファの生地で最近の流行

家の中で、重要な位置づけになるのが、リビングルームです。最近では、応接間という来客者をもてなす場所がある家が減りました。その代わり、リビングルームが人を招き入れる場所として、使われるようになっているのです。ここでは、家族がコミュニケーションをとったり、テレビやゲームをしてくつろいだり、楽しい時間を過ごすことができます。ですから、家の中でもリビングに力を入れてインテリアなどを考える人も多いのです。
また、近頃の間取りでは、LDKのある家が多く、ダイニングやキッチンが一緒になっているので、いろいろな役目がその空間であるため、滞在する時間も多くなるのです。長くいる場所であるからこそ、ゆっくりと心穏やかにしていられるような空間にしたいものです。
リビングにつきものである家具としては、ソファが挙げられます。それぞれの個室にはないような大きなテレビがあり、それを見ながら、横になっている様子は家庭内でのイメージ通りです。座ったり、横になったり、うたた寝をしたりするには、心地よい肌触りである必要があります。
ソファの生地やその素材感に関しては、家族構成や年齢層によっても考えた方がいいでしょう。
以前から根強い人気である素材としては、革素材が挙げられます。本革や合成皮革など、少し高級感があふれているため、少し上の年齢層や高級な住宅に置かれるイメージがあります。しかし、ニトリやイケアといった庶民的な家具のお店では、革製品でも意外にお手頃な価格で購入できたりするので、手に入りやすいことも事実です。オーダーメイドのお店では、革の種類や色、形まで選べるので、お気に入りのソファを作ってもらうことが出来ます。しかし、お値段は少しお高めです。
また、最近出ているカジュアル素材としては、綿素材や麻が混ざっているような素材の生地です。天然素材であるため、肌触りもよく、小さな子供がいる家庭では、安心です。しかし、汚したりしたときの手入れが大変なので、汚す可能性があるのなら、濃い色を選ぶとよいでしょう。
そして、場所を選ばない、持ち運びも簡単なソファとしては、ビーズの入った形を変えられるようなものです。こちらは、ソファの形になりながらも、座る人も体型などによっても変化するようなもので、最近の流行りでもあります。
このようにソファに使っている生地・素材は様々ですが、自分たちのライフスタイルに合ったものを選んでいくといいでしょう。

次の記事へ