ING STYLE FURNITURE

一人掛けソファーを選ぶポイント

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 一人掛けソファーを選ぶポイント

一人掛けソファーを選ぶポイント

部屋の雰囲気やイメージを大きく左右する家具の一つであるソファーは、家族向けの3~4人用だけでなく1人用の一人掛けソファーも年々人気が高まってきています。
一人掛けソファーは、だいたい900ミリ?1000ミリが主流の大きさです。リビングはもちろん、書斎や寝室にも置けるちょうど良いサイズなので、設置した時の部屋の雰囲気もイメージしやすいです。
一人掛けソファーに限らず、ソファー選びに大切なポイントがあります。
まず、ライフスタイルに合ったソファーのデザインや形を把握することです。ソファーでの過ごし方を想像した時に、どのように過ごす事が多いのかを明確にしましょう。そうすることによって、よりライフスタイルに合った形のものを選ぶことができます。一人掛けソファーの場合、横になってゆったり過ごすというのは難しいですが、例えば読書やテレビをゆったり楽しみたい方におすすめのソファーと、床に近いスタイルで生活したい方におすすめのソファーでは、形やデザインが異なります。
また、サイドが囲まれている物とそうでない物とでは、座った時の感覚が変わります。横に手を置いて、ゆったりとテレビを見たい方には、ひじ掛けが両側に付いているソファーを選ぶのが良いですし、逆に座っていても手を自由に動きやすくしたい方は、サイドにひじ掛けが付いていない物が良いでしょう。
ソファーの高さも重要なポイントです。低い方が使いやすければ、ロータイプの物を選びましょう。
最近は、座椅子のように倒せるリクライニングソファーもあります。ソファーでゆったりとした時間を過ごしながら、少し仮眠を取りたい方にはおすすめです。リクライニングタイプは、幅広い年代から支持されている物の一つでもあります。
そして二つ目は、部屋とソファーのサイズ関係を明確にしておくことです。デザインや形が気に入っても、実際に置き場が無ければ意味がありません。ソファーを置きたい場所を決め、そこに置いた時の部屋全体のイメージをします。その時、少しでも窮屈に感じれば、部屋のサイズとソファーのサイズが合っていないと言えます。ソファーが大きすぎると窮屈に感じ、ソファー周りの移動も圧迫感があります。逆に、小さすぎると何だか落ち着かない空間になってしまったり、部屋のイメージが変わって居心地が悪くなってしまったという事もあります。そういった失敗をさける為にも、事前にしっかりとサイズを測っておくことが大切です。
最後に、やはり使用していくにあたり重要なポイントは、ソファーの座り心地です。座った時に柔らかさを感じるもの、固さのあるもの、また奥行の深さや浅さなど、ソファーによってさまざまです。形やデザインが気に入ったものは、必ず実際に座ってみましょう。座り心地を確かめ、より自分好みのソファーを見つけましょう。
この三つのポイントをしっかり押さえつつ、より良いソファー選びをしましょう。

次の記事へ