ING STYLE FURNITURE

高級ソファーを選ぶときのポイント

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 高級ソファーを選ぶときのポイント

高級ソファーを選ぶときのポイント

家で快適にくつろげるソファの選び方はとても大事です。一度は高級ソファーをどっしりと設置してみたいもの。まず座り心地は大切ですが、いいソファーはやっぱり相応のお値段がするようです。ではどのようにして高級ソファーの善し悪しを選んだら良いのでしょうか。
ソファーを選ぶにも実際に座ってみるのが一番早くて確実ではありますが、ネット通販サイトにも良い高級ソファーが多数出品されています。
座り心地といっても、素材やクッション材の組み合わせ方で感じ方が違ってきますから、この素材なら完璧と決めるのは難しいでしょう。まずはクッション材などの特徴を知った上で、基本的な組み合せを選びましょう。高級ソファーというとそれなりにお値段がしますが、選ぶ時の目安として値段は大きな信頼性のポイントになります。
結論から言うと価格と品質は比例しています。高価なものにはそれなりに制作過程がかかっており、例えば、ソファーの木製の部品、フレーム部分は安価な製品だと木枠の直ぐ上にそのまま布地が貼られていて触り心地がよくありません。高価な製品には、木材の角取りやウレタンなどの保護が施してあり、触ったときの感触にまで配慮がされています。基本的な部分を抑えてあっても、細かい部分で値段が高い物にはそれなりの理由があると考えておいてください。
材質ですが、高級な物には「本革」と「布」の二種類の選択肢があり、それぞれに長所と気をつけておきたい点があります。
本革は光沢があり高級感が感じられるため、良いソファーを買ったという満足感も得られますが、反面、クリーナーと保湿剤でのメンテナンスや太陽光へのケアが大変、表面がボロボロになりやすく安い皮だと縫い目から綻びが生じるなど、品質のキープに難しいと言う点があります。
布製は本革に比べると比較的に安く、カバーが取り外せて洗濯できるので長く清潔な状態を保てます。水は吸い込んでしまう物の、良いコンディションに保つ事が革製品よりも簡単です。高級ホテルのソファーは実は布製が多い事もこれらのメンテナンスの容易さと言う理由があるからです。

革ソファーを選ぶ時には、本格的な家具メーカーの製品で、皮のなめしがしっかりしているものを選びましょう。リーズナブルが売りの量販店で売られている物は工程が省略されていて短期間でダメになります。10万円以上はすると考えてください。
布ソファーには様々な価格帯の物がありますが、クッション材もポケットコイルや板ばねなど、各種特徴がありますから、専門の業者のサイトで比較検討してみるのも楽しいですね。

次の記事へ