ING STYLE FURNITURE

ソファーに求められる機能と人気のデザイン

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > ソファーに求められる機能と人気のデザイン

ソファーに求められる機能と人気のデザイン

ソファーの魅力、それはゆったりと包み込まれるような座り心地のよさにあります。ただしその用途は使いみちによっても異なり、ビジネスシーンで活用される場合はそこに寝転がって使用することは無いので、座っていて疲れない、部屋の雰囲気にあわせたイメージを作るなどの全く違った機能が求められます。けれども一般家庭では外から家に帰ってきてゆったりと体を沈ませて癒される存在になっています。
ソファーと言うと、リビングでお客様をお迎えするときに使用することもできるよう、ある程度はきちんとした感じも求められますが、座り心地がよく、時に寝転がっても気持ちよく使えるふかふかとした感触こそソファーに座ることの醍醐味だと言えます。日本では靴を脱いで家の中で生活するので、足を投げ出して寝転がっても余り汚れを気にする必要はなく、日本の住宅の中では比較的綺麗に使われるイメージがありますが、靴を履いていないからこそ思い切りハードに身を任せた使い方をするため、ダメージにもある程度強いことが求められます。
最近の日本の住宅の間取りで多いのがダイニングとリビングが一緒になったリビングダイニングルームですが、ソファーを配置するときにリビングとダイニングの間仕切りのような役割をする配置にするものが人気です。たとえば南側に向かって掃きだし窓などがある縦長の間取りのリビングダイニングの場合、壁面に向かって長いサイズのものを正面に置き、その奥にダイニングテーブルを置くと言う活用法が人気のようです。この置き方だと背面部分がダイニング側から見て間仕切りのような役割を果たすため、背面のデザインも大切になります。壁面につけて使うことを想定してある家具の場合、家具の背面はかなり雑な作りになっていることもありますが、間仕切りとして使用するこのような活用法をするにはソファーの背面部分の作りやデザインがきちんとしたものである必要があります。
また、リビングダイニングの空間を広々と見せるために低くデザインされたものも人気が高く、ウッドフレームなどを活用したデザイン性の高いものを選ぶ人も少なくありません。ソファーは家具としてはかなり大型で、部屋の中に置いたときにとても存在感があり、部屋の雰囲気を左右する大切なアイテムです。それだけに座り心地が良いことは最重要課題ですが、使用されている素材や質感、フレームのデザインなども、選ぶ際にはとても重要なポイントになります。

次の記事へ