ING STYLE FURNITURE

ソファーの選び方について

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > ソファーの選び方について

ソファーの選び方について

リビングに置く家具は日常を送る中で特に入った瞬間パッと目につくのであまりバランスが取れていないと違和感を感じてしまうかもしれません。

中でもソファーは重要な位置づけで、リビングの格調が分ってしまうと言っても過言ではないでしょう。

そこでソファーの選び方のポイントとして、周りの家具にしっくりと収まるデザインや色が良く、また床の色味にも合わせるのも良いでしょう。

また家族構成によって大きさもポイントになってきますが、くつろぎの場としても重要な役割を果たすわけですから、家族が多いのに2人掛けのように小さい物だと取り合いになってしまうかも知れません。

コーナーソファーでも家族構成によって大きさや幅なども種類があり、また3人掛けでも同じことが言えますので実物と比較してみるのも良いでしょう。

また大切なのは座り心地です。選び方としては年配の方がいる場合は、ある程度の高さが必要です。若い方だけの家族だとローソファーなどもありますが、年配の片だと立ったり座ったりするときに足にかなりの負担がかかるのでその辺も考慮すべきところです。

さらにクッションの堅さも重要で、柔らかすぎると体が沈んでしまい立ち上がる時が大変になってきます。くつろぐだけなら良いのかもしれませんが、長時間だと腰にも負担がかかってしまいます。姿勢を考えると程度の堅さは必要となります。

最近ではコーナーソファーでもダイニングテーブルと合わせて使用できる物や、カウチが付いた物など様々なデザインや機能、例えば収納ができたりなど用途によって選ぶことができます。

選び方として、リビングが狭かったり、また家族が少ない場合は奥行きを考えて購入すると邪魔になったりせず、またローソファーだと上部の空間が広く感じるので良いかも知れません。

2人掛けでもデザインによってはコンパクトな物もあるので一人暮らしなどにも向いています。

それから素材も重要なポイントにもなります。

大きく分けるとレザー、合皮、布がありますが、手入れの仕方が違うのと、長く使用するとそれぞれメリットデメリットがあるのも事実です。

皮や合皮は使い方によって年数が経つとひび割れたようになったりしますが、案外手入れは簡単です。

子供がいる家庭は布だと汚れた場合簡単に洗うことができないので、皮や合皮もそうですができればカバーをかけた方が無難かも知れません。そのような事をふまえて上手にくつろげる物を選びたいものです。

次の記事へ