ING STYLE FURNITURE

ゆったり落ち着くテイストのソファー

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > ゆったり落ち着くテイストのソファー

ゆったり落ち着くテイストのソファー

休日など外出をしないで自宅でゆったり落ち着く。

これはとても贅沢な時間です。

その贅沢の時間には体をリラックスさせるものが必要です。



ソファーはいまや生活必需品です。

ご家庭のリビングやには必ずといっていいほどソファーが置いてあります。



リビングではソファーを置くことを基準にして家具を選ぶということが

もう基本にさえなっています。

家具やリビングなどの通販サイトや雑誌、宣伝などを見ているとさまざまな素材やデザインの

ものがたくさん揃っています。



今までの日本人の生活は畳敷きの部屋に正座かあぐらなどをして

座ることが基本でした。



長時間座るには体の負担を減らすために座布団を考案しました。



体を投げ出したり、足を伸ばしたりという動作をすることが少なかったようです。

日本の生活様式は床や畳に座るということが基本で、いすなどを利用した

座り方は長く使われていなかったのです。



人間の身体的なことをいえば、いすなどに座るほうが体への負担は軽くすみます。

古代はそのようなことがあったようですが、日本の文化的な要素がソファーの

ような家具を発展させなかったのでしょう。



生活様式ががらりと変わり、戦後には洋風の生活様式が取り入れられるように

なりました。

日本では限られた空間をいかに生かすかということが、折りたたみ式のものを

生み出すことになりました。



ちゃぶ台や布団や座布団などはその空間を有効活用するという日本人の知恵が生み出したものです。

日本では常に置いた状態の家具や寝具は発達しなかったのです。

それを使用していたのは過去なら有力な豪族や貴族階級。

時代を経ると、財閥や豪商などの住宅の建築や生活空間が広くゆったりとしたものを

所有している富裕層に限られていました。



ベッドやカーペット、ダイニングテーブルは今まで日本にはなかったものです。

特に庶民には所有できないものでした。



最近は生活水準が高くなったこともあり、外国の生活様式が日常になってきました。

住宅も日本人の体格が変化したので部屋や天井が大きくなったり高くなったりしています。



それが今は生活のなかでゆったり落ち着くことはソファーで足をなげだすことやごろ寝など

床や畳で体を投げ出すことから座ることを基準にしての動作に変化が生じました。



時間があるときにはリラックスするものは何かということで大規模な家具屋さんを

のぞくのもいいかもしれません。



ゆったり落ち着くことは家で心を開放することです。

座る家具にも落ち着きがあってリラックスできるソファーを選ぶことがいいですね。

次の記事へ