ING STYLE FURNITURE

高級なソファーにお似合いの部屋とは

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 高級なソファーにお似合いの部屋とは

高級なソファーにお似合いの部屋とは

皆さんはご自身のお部屋、リビング、客間などにソファーを置いていますか。ソファーは単なる腰掛けのための家具という人もいますが、お部屋のインテリアとしてご自身や訪問者の気分を和ませるというもう一つの役割があります。そのため、家の広さはもちろん、日当たりや床、壁の色などコントラストを考慮してピッタリのソファーを選ぶことにこだわりを持つ人もいるようです。そのような人たちは高級ソファーと呼ばれるインテリアに執心されるようです。では高級ソファーとは一体、どのようなソファーを指すのでしょうか。まずは材質ですが、牛革、カンガルー革、羊革など様々御座いますが、この人間が腰を掛ける最大にして、最上の素材部分にお金を掛けているようなソファーです。光沢や手触り、匂いは元より、弾力など座り心地を何より重視します。次に足ですが、こちらも強度とデザインを兼ね備えたものが必要で、単に丈夫であるとか、しっかり支えるというだけでは高級ソファーとは言えません。使われる支柱の色、形、長さ、そして曲線に至るまで細部にまでこだわりを持たせなければ本当の高級感は出てきません。そのため、足についても特注、つまりはオーダーメイドにて素材からデザインにまで全てが指定されたものとなっています。次にシートや足の色についても重要です。色の種類は様々で単色では安っぽく見えてしまうことから、多くの色を組み合わせたカラーリングも高級感を出すための演出になります。そして、その色の配合は、お部屋の他のインテリアや壁紙に合うか、床材の模様、色に合うか、ということにも関わっています。簡単に言うと、クリーム系の色をした高級ソファを買うのに、部屋が主にダーク系、つまりはグレーや黒をベースにしている場合、色としての調和は取れているのか、という問題があります。同じように同色系で揃えることで一体感を出し高級感を出す、色の調和を出すという考え方もあります。逆の発想では、黒の中に白系のソファを置くことでインパクトが生まれ、目立つ、存在感を醸し出すという効果も生み出します。結局はその部屋をどのようにプロデュースし、自分でどのようなコンセプトの部屋作りにしたいか、ということを考えることが理想のインテリアを置く、第一歩なのではないでしょうか。そのコンセプトが決まらずに高級なインテリアをお金をかけて揃えても結局は自分自身が満足出来ない結果となり、また新たな家具を買うこととなってしまいます。

次の記事へ