ING STYLE FURNITURE

室内の広さで一人掛けソファーの選び方

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 室内の広さで一人掛けソファーの選び方

室内の広さで一人掛けソファーの選び方

一人暮らしを始めたら、一人掛けソファーを購入して寛ぐことに憧れている方は少なくないのではないでしょうか。ですが、部屋の広さから購入を断念する人も少なくありません。

そのような人へ、室内の広さを圧迫しない一人がけソファーの選び方をご紹介します。

ソファーにも種類があり、カウチソファー・ソファーベッド・ラブソファー・リクライニングソファー・ローソファー・フロアソファー・コーナーソファー・デザイナーズソファーなどがあります。カウチや、コーナーは一人暮らしには向いていない家族向けの大きなソファーです。

ソファーベッドは、ベッドとしても使うことができるので、ベッドまたは布団を使わずに、ソファーベッドのみでもいいのならば、その分スペースを広く使うことができます。

ベッドを置きたいし、ソファーも置きたいという方は、配置に気を付ければ、空間を広く見せることができ、室内の広さをごまかすことができます。

入り口から、一番奥にベッドを設置して、手前に背の高いタンスや鏡、ソファーなどを配置すると、ベッドの上の空間が広くみえるので、物が多く狭い室内に圧迫感を与えにくいです。

これは、一人掛けソファーではなく、ラブソファーを希望の方にも使えるテクニックです。また、ラブソファーは恋人向けのものなので、通常の二人掛けソファーよりも、やや小さめに作られています。小さい分より密着して座れるというわけです。小柄な方なら、恋人同士ではなくてもスペースを取って2人で座ることができます。小さいので、通常のものより、空間を広くとれます。

フロアソファーは、俗にいう座椅子のようなものです。脚のないソファーのことをいいますが、ローソファーと分類されることもあります。

一人掛けソファーもありますし、もっと大きなものもあります。フロアソファーは、座面が低いので、立ち上がるのは億劫になるかもしれませんが、座ったときは存分にリラックスできます。また、座面が低いのでこたつに入りながら使用できます。また、これは、折りたたみができるものが多いので、持ち運びやすく室内の広さを気にせず模様替えや移動ができます。

一人暮らしでは、自分の好きなようにインテリアを楽しめるので、あれこれ工夫をすることで、部屋の広さにあった家具選びや配置を楽しむことができます。

配置次第では、リラックスできる大きめのソファーを購入しても圧迫感を感じない部屋を作ることが出来ます。まずは、どのようなソファーが欲しいかを、用途はすわり心地から選んでみてはいかがでしょう。

次の記事へ