ING STYLE FURNITURE

買う前に知りたい良質ソファー

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 買う前に知りたい良質ソファー

買う前に知りたい良質ソファー

ソファーは一度買うと長く使うものですので、出来れば良質なものを選びたいと考えるものです。

しかし、種類は様々でどのようなものが良質か、わからないものでもあります。その原因の一つに、購入者の使い方や部屋の間取りなど、それぞれに応じた「品質」があるからです。



一般的に、座面中身に関しては「バネ」が良いとされています。中でもポケットコイルスプリングは弾力性にとんだコイルが独立してポケットに収められているので、荷重に対し分散して受け止めてくれるものです。

座面中身の素材の違いは品質に直結します。

しかし、表面材やクッションに関しては個人の環境が影響します。

例えば、表面材にはファブリックと合成皮革、本革などの種類があります。

本革は値段が張るので「良いもの」と感じてしまいます。もちろん肌に触れる感覚は他の素材とは比べ物にならないほど良く、価格にあったものと言えます。

しかし、本革は日頃の手入れが重要となり手入れを行わないとすぐに傷んでしまうデメリットがあります。

本革に比べると通気性などが劣りますが比較的手頃な価格で購入できる合成皮革ですが、メリットとしては、多少メンテナンスを忘れでも耐久度があるために傷みにくいという面があります。しかし、ひっかき傷に弱くペットがいる家庭には不向きです。

ファブリックは安価で不安を感じるかもしれません。もちろん、革に比べると汚れに弱く、耐久性が無いため破ける可能性が最も高い素材です。

しかし、カバーリングタイプのものは取り替えや選択が可能なものがあり、汚れたり破けたら交換できるという使い勝手が良い面もあります。

また、内装によっても選び方を変えなければなりません。

カジュアルな内装であれば、本革は浮いてしまうかもしれませんし、ラグジュアリーな内装にファブリックな素材は場違いな感覚を生み出します。

クッション部分はウレタンのみの固めのものか、ウレタンと羽毛を組み合わせた柔らかいものに分かれます。

フィット感は羽毛入りの方が良いでしょう。体を柔らかく包み込み、心地よさを感じさせます。短時間であれば良いのですが、長時間にわたりソファーに座って作業をする、あるいはごろ寝するなどの用途には腰が痛くなり不向きです。

座った瞬間の感覚であればウレタンのみの素材は硬くてすわり心地が悪いかもしれませんが、長時間の利用にはウレタン素材のほうが良いというケースもあるのです。



このように、「良質なソファーはこれだ」と一概に言えるものではないので、複数のショップでそれぞれすわり心地を試し、上記の向き不向きを考慮した上で選択したものが「自身にとって最も良質なソファー」となるのです。

次の記事へ