ING STYLE FURNITURE

男性が好むデザインソファー

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 男性が好むデザインソファー

男性が好むデザインソファー

デザインソファーはそのデザインやスタイルが様々あり、個人の好みや部屋のインテリアに合わせて、と活用することができます。デザインソファーは、汎用品のソファーと比較して価格が高めに設定されている分、座り心地や耐久性、素材などにもこだわっているものが多く、初期費用がかかっても、長く使える物が多く、また人間工学なども徹底して研究されているものなどもありますので、かえって安くあがることもあります。したがって、ただデザインだけを重視するのもよろしいでしょうが、体の疲れをとり、リラックスできるようなものをよく選ぶことでその恩恵をたくさん受けられることでありましょう。

女性と男性の好みも別れやすいのもデザインソファーの特徴です。女性好みのものが必ずしも受け入れられるわけではありませんし、男性好みのものもまた然りと申せます。男性はどちらかというとデザイン性よりも機能性を重視するところがあります。これは例えば男性の部屋を見てみると、その多くがベッドとソファーを兼用していたり、こたつを布団替わりにしていたり、という点が多く、また自分の身の回りに全てのリモコンなどの機器が手の届く範囲で置かれ、よほど整理整頓が好きな方でなければ、どちらかというと煩雑な印象を受けます。よく女性に指摘されるのが、「休日になるとゴロゴロしている」というところですが、女性と比較すると、骨格の問題か、筋肉の質の問題かはともかくとして、女性は脚や肩に負担を訴える場合が多いのに対して、腰や背中に負担を訴えるばあいが非常に多くあります。この一因には女性があまりかかない「胡座」にもあるといわれております。胡座をかくとどうしても背中が丸まり、腰にも負担がかかります。したがって、つい横になりたくなるのです。そのため、男性のソファーを見る目は、座ることより横になれることに重点が置かれる傾向にあります。体を休めたいときに座ってくつろぐよりも、横になってくつろぎたい、という欲求がまさるのです。したがって、横になって心地がよさそうか、どうか、がデザインソファーを選ぶ際の重要なポイントになるといえます。それには極度に湾曲していたり、デザイン性が強いものよりも、安定していて、横になったときに楽か、どうか、というデザインスタイルがどうしても人気になります。女性の視点からみれば、もう少し洒落たデザイン性の強いものを、と望まれるかもしれませんが、男性にはソファーはくつろぎのためのアイテムであることが大前提だと申せるのではないでしょうか。

次の記事へ