ING STYLE FURNITURE

デザインソファーの業界トピックス

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > デザインソファーの業界トピックス

デザインソファーの業界トピックス

日本のインテリア業界において、デザインソファーの占める割合はそんなに大きくありません。業界トピックスを見ても、様々な世界的経済状況に影響される事が多くなっている今の状態は、少子化傾向、高齢者の在宅率増加、住宅事情と無縁ではいられないのが現状です。そのうえ、多くのデザインを提供しているヨーロッパ製品には、欧米人との体格の違いから、日本人にとって快適であるソファーの高さや大きさに違いがあるため、デザインソファーにその答えが見られなければ、実際の購買行動にはつながらないのです。そういう中で、デザインソファーの利用者というと、経済的に安定していると言われる独身女性を中心に、需要の傾向は年々限定的になっています。業界トピックスに取り上げられる話題性においても低下しており、店頭においては、有名ブランドの高額なデザインソファーをディスプレイ的に使用する事が増えていて、単純に客寄せとしての役割に期待する他は、あまり積極的な販売をしていません。というのも、顧客においては、憧れのみで直接それが購買行動につながるような事が無くなっていると言えます。なぜなら、顧客はデザインソファーを使用してきた経験がある場合が多く、傷みが生じやすいのはどういう物であるか、どのようなメンテナンスが必要であるかすでに知っていて、使いにくいソファーはどんなにデザインが気に入っても、買わなくなっている点があります。業界トピックスでは、デザインソファーの購買層である賢い顧客に、どのように販売戦略を展開するべきか、業界全体では個別の要求に応えにくくなっていて、話題としても取り上げにくいのが実情です。そんな中、販売数を伸ばしているのは、メンテナンスがしやすい、そしてソファーの問題点である布などのカバーを手軽に交換、保護、洗えるという簡易カバーに人気が集まっています。そして、従来の考え方との違い、個別の要求を余さずに汲み取る方法として、ソファーのオーダーメイドが安価になったことで、個人の顧客の傾向は、デザインよりもメンテナンス重視、自室に合わせてソファーを注文するという二つの大きな流れが出来ています。また、中古の市場も見逃せません。憧れのソファーを安価に手に入れる手段として、根強い人気のブランド品は、変わらない需要が存在しています。新しいデザインを考える上で、このデータは貴重なヒントとなっていて、安価な量産品をオーソドックスなソファーに似せて作るのはその為です。

次の記事へ