ING STYLE FURNITURE

高級なデザインソファーのおすすめ

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 高級なデザインソファーのおすすめ

高級なデザインソファーのおすすめ

ソファーはそこに座る人にとって特別な存在です。リビングや応接間、書斎やプライベートルームなどあらゆるシーンで活躍するのがソファーです。中でも高級なデザインソファーには独特の存在感があり、空間にそのデザインソファーを置くだけで、いつもの空間を華やかで高級感あふれる雰囲気を演出することができます。椅子とソファーの違い、それはソファーが単に座るためだけでなく、体を休める機能から、さらに座ることそのものを楽しむといった感覚を持てる家具だという点です。もともとソファーはヨーロッパから生まれた歴史があります。靴を脱いで家の中に入り、畳の上でごろりと寝そべってくつろぐことのできる日本人にとっては、ソファーというのは行儀よく腰掛けるためのおしゃれな家具といった認識が強いようです。新しく買い求める時にも、お客様をお迎えするための家具といった考えで、ついデザイン重視のかっこよいものだけを求めがちですが、最近では日本人のライフスタイルも大きく変化し、ソファーに究極のすわり心地と、癒しを求める人が多くなっています。日本人は元来が真面目なので、ソファーに横たわるのは行儀が悪いと思ってしまいがちですが、家の中でも靴を履く欧米人の生活スタイルでは、体を横たえてリラックスする場所というのはベッドの上かソファーの上しかありません。そのため気分によっては横になってくつろげるソファーは、イスとテーブルで生活する欧米人にとっては生活するうえで欠かすことのできない大切な家具ということになります。とはいえ日本人も現在ではすっかり椅子の生活に慣れてきているので、高級感あふれるデザインソファーを使いこなしてみたいものです。置いてあるデザインソファーがかっこよくてもすわり心地の悪いものだとしたら、せっかく置いてあったとしてもその場の床にごろりと横になることになってしまいます。ソファーは家具としてはかなり大型で置くスペースも必要なものなので、すわり心地が悪くて役に立たない家具ではなく、横になることもできるデイベッドとして考えるのがお勧めです。そうした活用方法をするためには、少し奥行きが深めで座のクッションは堅めの方がむしろ好都合です。リビングのシンボル的存在の高級感あふれるデザインソファーは、腰かけるだけでなく、体を休める機能を持った家具と認識し、生活を楽しむための一つの道具として、すわり心地だけでなく寝心地もよいものを選ぶのもいいかもしれません。

次の記事へ