ING STYLE FURNITURE

デザインソファーの耐久性は?

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > デザインソファーの耐久性は?

デザインソファーの耐久性は?

憧れのデザインソファー。値段は少々高くても、部屋の中を演出する大事なアイテムとして、誰しもが憧れるものです。しかし、デザインソファーは、地土購入すると長く使うものでもありますので、簡単に傷んでしまっては困ります。実際に、デザインソファーの買い替えを検討する理由で一番多いのが、素材の「へたり」だと言われます。ソファーが、耐久性がとても大事な要素、ということなのですね。

人の家を訪ねたときも、やはりソファーの痛みは気になりますよね。毎日使っていると気づかないものですが、お客様が訪れたときには、その痛みがバレてしまうのです。

では、素人はいったい何を基準にしてソファーの耐久性を判断すれば良いのでしょう。

デザインソファーを長く使っていると、まず座面のクッション部分がへこんだ感じになってきます。毎日体重をかけるわけですから、ある程度のへこみは仕方ありません。どんな高級素材でも、いつかはへこんでくるものです。

でも、購入して1年でへこみが目立つようになった、というのでは高いお金を出して買った意味がありません。購入前には、しっかりと販売員に内部構造を聞いてみましょう。ウレタンという素材がソファーの強度に大きく影響していますが、このウレタンもまた素材に良し悪しがあります。高密度のものを使用しているかどうか、そして毎日使うものとして耐久性はどれくらいなのか、率直に聞いてみましょう。返答があいまいなようであれば、怪しいと判断せざるを得ません。

また、背中にあたるクッション部分も、時間とともに徐々に弱ってきます。これもまた座面と同じように、弱ってくるのは宿命なのですが、やはり少しでも長持ちさせたいものです。座面と同様に、販売員に素材の確認をすると良いでしょう。

そして、デザインソファーの根幹である、ボディーの劣化。これも素材が大きく影響するところです。購入前には、同じように当然販売員に素材を訪ねるのが良いのですが、それに加えて、自分で体重をかけて、強くボディーを押してみましょう。強く押すと、木材に触れたような感覚が得られることがあります。ソファーですからもちろん骨格には木材を使用しているのですが、人が強く押したときにこの感触を覚えるようであれば、それは買いを見送ったほうが良いでしょう。素材の密度、特にウレタンの密度が薄い証拠です。これが薄いと、何年も同じ強度を維持することは不可能でしょう。

こうした基本知識を頭に入れたうえで、専門家である販売員に相談してみるのが理想です。

次の記事へ