ING STYLE FURNITURE

高級ソファーで素敵な部屋作り

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 高級ソファーで素敵な部屋作り

高級ソファーで素敵な部屋作り

こだわって選びたいソファー


お部屋作りに欠かせないものと言えばやはり大型の家具ではないでしょうか。しっかりとしたタンスや高級ソファーを置けば、お部屋は一段と居心地の良さが高まります。厳選して選んだ家具であれば大切に、長く使い込みたいですよね。充実感のあるプライベート空間を作るためにどんなポイントに着目しておくか、事前に整理しておくのも大切な作業と言えるでしょう。目的に合わせてしっかりとした高級ソファーを手に入れれば、あなただけのリラックス空間も夢ではありません。
お部屋の中でも存在感のあるソファーを用意して、コーディネートも合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。ライフスタイル、趣味、生活の様式に合わせてタイプを考えてみましょう。ただ単に座るもの、とソファーをとらえていませんか。実際には寝転ぶことも多いはずです。一人座り用のソファーではなかなか使いにくくなるかもしれません。使う人数やサイズを合わせるのもひとつの方法ではありますが、しっかりとソファーを利用するシーンを思い描いてみましょう。一人暮らしの場合、ワンルームでの生活が多いのではないでしょうか。大きいサイズの高級ソファーを選んでしまうとそれだけで窮屈な感じを生み出してしまい、本末転倒ということもあり得ます。テレビを観たり読書をしたりすることが多いか、など自分のスケジュールや習慣を見直してみるのもおすすめです。部屋の使い方、日常生活の過ごし方でソファーを利用する目的も変わるはずです。
また、家族構成からソファーを選ぶのもひとつの方法です。子供がいらっしゃる場合には汚れの危険性や傷をつけてしまう可能性もあり得ます。また小さなお子様がソファーをなめる、という可能性も視野に入れておくべきポイントです。どんなソファーを選ぶことが大切か、自分の生活や家族の暮らしを振り返って見ることが第一のポイントです。

ソファーの種類や特徴を知ろう


高級ソファーからカジュアルなソファー、スタイリッシュなソファーなど選ぶうえで抱くイメージはありますよね。いったい自分がイメージしているソファーがどんな種類に分類されるか、どんな特徴があるのかをきちんと知っておくと家具を探す際に便利です。イメージを店員や業者の方に伝える場合に役立つ情報となります。
例えば、ゆったりとくつろげるタイプのものは一般的にカウチソファーと呼ばれています。リビングでの利用も多いため、リビングソファーと呼ばれることもあるタイプです。リラックスしてくつろぐ場合にはこのタイプがおすすめです。広く距離を取って座れるのも魅力と言えるでしょう。
背の低いソファーはローソファーと呼ばれています。部屋を広く見せるコツとして全体的に家具の高さを低くするという方法があります。そんな場合にはローソファーを取り入れることをおすすめします。ライフスタイルとして床すわりが多いおうちにも合わせやすいタイプと言えるでしょう。天井までの距離が広くなるため解放感も生まれるアイテムです。
また、ソファーをベッドにできるようなタイプもあります。スペースを縮小したいワンルームタイプのお部屋であれば役立つはずです。リクライニング機能のあるソファーにはテレビを観たり、読書をする際にぴったりです。背もたれの角度を変えてリラックスできるので、長時間座ることが多い場合にもおすすめです。
L字型のソファーはコーナーソファーと呼ばれることもあります。空間を仕切るのにも役立つアイテムです。オットマンソファーは足載せ台が付いているソファーのことを示します。足を伸ばしてくつろぎたい方だけではなく、ちょっとした来客用の椅子としても利用できるので一石二鳥のタイプです。そのほかにもアームレスのタイプやカスタマイズできるような種類もあります。自分の生活を振り返ってどんなものが合っているか、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

大切なソファーをしっかりケア


こだわって選んだソファーは長く愛用したいですよね。日々の少しの心がけがソファーを長持ちさせてくれるポイントになります。日常的にお手入れすることを意識してみてはいかがでしょうか。
例えば、直射日光について気を付けることもソファーにとっては大切なポイントです。全体の日焼けを防ぐことでソファーを長持ちさせることができます。どうしても日光が当たってしまう場合にはカーテンで対応しましょう。また湿気もソファーにとっては大敵です。カビやダニの発生は高温多湿な環境が作っています。しっかりと日ごろから換気をするようにしておきましょう。ソファーに座るとき、いつも同じ場所に座ってはいないでしょうか。時々座る位置を変えることも長持ちさせていくポイントです。変形や劣化を防ぐことを意識して座る場所も考えるようにしましょう。もちろんソファーの上で飛び跳ねるのは厳禁です。傷や変形を生み出したり、ソファーのへたりにつながってしまいます。
ソファーに使われている布地についてもお手入れの方法をきちんと調べておきましょう。レザータイプのものは水に弱い性質があります。お風呂上りに体が濡れたままの状態でレザーソファーに座るのは止めましょう。カバーを変えることができるソファーであればドライクリーニングや水洗いを定期的に行っておくと安心です。日ごろの汚れについてはブラッシングで埃を落とすなどのケアで対応します。また、ついてしまった汚れについては早めに薄めた中性洗剤で対処しましょう。使い心地の良いソファーをしっかりとケアすれば、より愛着も高まるのではないでしょうか。ぜひあなたのこだわりのタイプで素敵な空間をソファーで作り出してみてください。

次の記事へ