ING STYLE FURNITURE

若い世代の間でモダンソファーの人気が上昇中

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 若い世代の間でモダンソファーの人気が上昇中

若い世代の間でモダンソファーの人気が上昇中



家具業界の今



最近、家具業界のニュースが何度かテレビで流れました。その代表的なものとして、大手家具会社のお家騒動は記憶に新しいところではないでしょうか。親が立ち上げてきた高級家具を前面に押し出して売り上げてきた家具の売り方を、後継者である子供が正面から反発をして、誰でも購入しやすい価格の家具を販売するという戦略を打ち立てて真っ向から対立しました。

最近の家具業界には、お手頃価格で購入出来る海外のメーカーが日本に進出してきているのと、国内でも格安家具を売りに販売を広げているメーカーが乱立してきています。老舗と言われる高級家具専門で扱っていた家具屋が高級路線で行くのか、格安の誰でも購入出来る価格帯の家具で行くのかを争い、誰でも購入しやすい路線へと方向転換しました。その結果、一時的に家具の売上を伸ばしましたが、最近は売上が低迷していて、買いやすい家具が本当にいいのかを問われるようになっています。

現在の利用者の声としては、中間的なソファーを購入する人もいれば、高級家具を購入したがる顧客もいますし、低価格の家具を購入したがる顧客もいます。商品の購入には、価格だけではなく使い方も大きく影響します。一人暮らしで使うのか、もしくは家族で使用するのかということです。一人暮らしで使用するなら、自分だけの好みで良いですが、家族で使用するなら家族全員の意見を取り入れなければなりません。そのような理由からも、顧客のニーズが多様化しているのではないでしょうか。

特にソファーとなると、必要不可欠な家具ではないので、いかに顧客にインパクトを与えるかということが大切になってきています。安ければいいというわけでもなく、高級感があるソファーを欲しがる顧客もいれば、モダンソファーを欲しがる顧客もいます。一概には、この価格帯の物がいいということは言えなくなっているのが家具の現状ではないでしょうか。そこでどのような商品が生き残っていくかを考えてみてください。



家具業界で求められるものとは



価格をできるだけ安く抑えた家具や高級志向の家具など、相反するものを求める顧客がいて、どちらも必要な家具であることは間違いありません。

ソファーに関しては、高級感溢れるものをほしがる顧客もいますが、モダンソファーを欲しがる若い世代も多いのは確かです。モダンソファーはインテリア的にも非常に洗礼されていて、生活感がない、若い世代が欲しがるスタイリッシュなデザインの物が数多く売られています。全国展開されている家具とは違って、1品物の感じがして、自分だけしか持つことがないスタイリッシュなモダンソファーの人気は、意外にも多いようです。

モダンソファーはイタリアなどヨーロッパのイメージが強く、日本ではあまり店頭で売られていないようなソファーがよく売れているのは確かです。その中で、販売はどのように行われているのかというと、お店側は店頭でソファーを置いてから売るのではなく、インターネットで写真を載せて、全種類のモダンソファーを閲覧出来るようにしています。お客様には、その中から自由に選んで購入してもらうというネット通販も増えてきています。そうすることで、お店側も実物を展示する必要が無く、販売が楽になるメリットがあります。

ネットで購入を考えているお客様の中には、価格よりも自分好みのデザインと色でモダンソファーを欲しがる人がいるということです。そこには高級感とか安いなどといった概念ではなく、個性的で自分好みのソファーということが第一条件になる人もたくさんいます。

昔のように、一斉に高級家具を欲しがったり、格安の価格重視の家具を欲しがったりするのではなく、それぞれにニーズがあり、安い家具から高級家具まで多様化してきているのは言うまでもありません。



家具の今後の売り方について



昔のように一斉に同じものを販売しても売れない時代が来ているのは確かです。安い家具を大量に販売して売れる時代ではなくなってきています。最近は、ショッピングセンターや雑貨屋などにも用意されていて、家具専門店に足を運ぶ方も減っています。その中で、生き残っていくためにも販売方法をよく考える必要があります。

今までは、高級家具と格安家具の二つの方向で売られていたものが、今後は個性的なモダンソファーなどのように、洗礼された家具なども新しい分野として顧客があるということになるのではないでしょうか。

高級家具・格安家具・個性的な家具といった客層が出てきて、どの顧客をターゲットにするのかをきめなければ、どの顧客にも売っていくにはいろいろなバリエーションを取り揃えなければいけなくなり、販売店もたくさんの在庫を抱えなければなりません。できれば販売層のターゲットをある程度決めてから売り込みをするほうが効率的です。

今後は、その中でも個性的なスタイリッシュなモダンソファーに代表されるような家具を欲しがる顧客が増えてきて、より多くの販売が期待できるのではないでしょうか。スタイリッシュなモダンソファーのようなものは今までの日本ではあまりお目にかかれなかったもので、オシャレで生活感を感じることがない住空間作りにはちょうどいい家具ではないでしょうか。

次の記事へ