ING STYLE FURNITURE

二人掛けソファー購入で失敗しないコツとは

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > 二人掛けソファー購入で失敗しないコツとは

二人掛けソファー購入で失敗しないコツとは

部屋のサイズに合わせる


大型家具の代表格とも言えるソファーですが、二人掛けソファーはもっともスタンダードなソファーと言ってもいいくらいポピュラーなソファーです。ちょうどいいサイズ感ですし、リビングや居室などあらゆる部屋に設置することが可能なため、使い勝手も悪くありません。そもそも二人掛けソファーははっきりと定義が決まっているわけではなく、二人で使用するのに適したサイズだからこのように呼ばれるようになりました。そのため、二人で座ってちょうどいいくらいのサイズのものを二人掛けソファーと呼ぶことも多いです。
近年では、あえて二人掛けソファーというカテゴリを作って、製品を紹介しているメーカーもあります。実際に二人掛けソファーの人気は高いです。同棲を始めたばかりのカップルや新婚の方などから人気がありますし、各メーカーからさまざまな製品がリリースされています。また、二人で暮らしている方向けの製品かと思いきやそうとは限らず、一人でゆったり座れるちょうどいいサイズのソファーが欲しいという理由で二人掛けをチョイスする方もいますし、小柄な方だとそのままソファーで寝たいからという理由で二人掛けを購入する方もいます。
二人掛け用のソファーだと、だいたい120から180センチほどのサイズが一般的ですが、部屋によって購入するサイズは変える必要があります。一人暮らしのワンルームなどに設置する場合には180センチも幅のある製品を設置するとどうしても部屋が狭くなってしまいますし、部屋の多くをソファーが占領してしまうということにもなりかねません。部屋を広々と使いたい方にとっては窮屈になってしまいますから、ワンルームだと160センチ程度のものにしておくといいでしょう。部屋の大きさに合ったサイズを選ぶことです。

ソファーの種類を知ること


二人用のソファーと言ってもソファーには違いありません。ソファーにはいくつかの種類がありますから、そこをまずは理解する必要があります。もっともスタンダードなものとしてハイバックとローソファーが挙げられますが、これも部屋によってどちらをチョイスするべきかは変わってきます。ハイバックのソファーだと大きな背もたれが備わっているため座り心地は最高ですし、体を預けてのんびりするにはもってこいですが、その分見た目も大きくなります。狭い部屋に設置してしまうとそれだけで窮屈な感じになってしまいますから、ワンルームなどにはあまり向いていないでしょう。
ローソファーは床から座面までの距離が短い造りの品で、座椅子を使うような感覚で利用できるソファーです。もっとも、座椅子よりは座面が高くなっていますしソファーならではの座り心地の良さも維持しています。ローソファーの場合は製品の高さも低く抑えられていますし、狭い部屋に設置しても圧迫感を感じることも少ないでしょう。狭い部屋に設置するのならハイバックよりもローソファーのほうがマッチします。
ただ、ハイバックの品がどうしてもだめというわけではありませんし、壁際などに設置するのなら、そこまで違和感を感じることもないでしょう。ただ、ワンルームの場合だと壁際には既にベッドがくっついているケースが多いですし、どうしても設置する場所が限られてきます。壁際がベッドとソファーの二つで占領されてしまいます。小柄な方ならハイバックのソファーをそのままベッドとして使うこともできますし、部屋のスペースも確保できます。

デザイン性も重要なポイント


ソファーを選ぶうえでデザイン性も重要な部分です。部屋の広さにマッチするかどうか、部屋のスペースを確保したまま設置できるかといった部分に意識が向きがちですが、デザイン性という部分もかなり重要ですから覚えておきましょう。カップルや新婚で暮らしている部屋に設置する場合だと友人や知人、お互いの両親などが訪ねてくることもあるでしょうから、ソファーを購入するときにはトータルコーディネートを意識しましょう。
アジアンテイストなインテリアコーディネートを採用した部屋なのに、テイストの違う二人掛けソファーを購入してしまうと見るからにミスマッチです。また、北欧テイストの強い部屋にカラフルなデザインのソファーを設置すると違和感を覚えることもあるでしょう。部屋全体とのマッチングを考えたうえでソファーを選ぶということが大切ですから、そこを踏まえたうえで製品を選ぶようにしましょう。ソファーだけを切り離して考えてしまうとミスマッチを生んでしまう原因になります。
二人で使用する予定なら一人で決めてしまうのではなく、二人で相談してソファーのデザインを決めるといいでしょう。人の感性というのはそれぞれ異なりますし、生まれ育った環境などによっても変わってきます。自分では部屋にマッチする素晴らしいデザインだと思っていても、パートナーからするとミスマッチに思えてしまうかもしれません。実際にこのようなことはよくあることですから、二人でじっくり相談して決めるようにしましょう。

次の記事へ