ING STYLE FURNITURE

ソファーの購入について

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > ソファーの購入について

ソファーの購入について

失敗しないためのソファー選びのコツについて


現代は欧米化が進み、「リビングの主役と言えばソファー」と言われるほど人気を集めています。これから購入することを検討している人もいると思いますが、サイズも大きいので購入後は簡単に処分することはできませんし、長年使用していく家具になるので、なるべく後悔のないように選びたいと思っている方が多いのではないでしょうか。これから購入しようと思っている方のために、今回は、選ぶときに知っておきたいポイントについて紹介していきます。
選ぶときに大切なポイントの1つ目は、座り心地です。ソファーは基本的にくつろぐための家具になりますので、快適に座ったり寝転がったりできなければ意味がありません。座り心地を確かめずに購入してしまうと、後悔をする可能性が高くなるので、まずは座り心地の良さについて確認するといいでしょう。
続いて2つ目のポイントは、張地です。張地は大きく分けると本革、布、合成皮革などがありますが、例えば、本革なら耐久性が高いですし、布なら手入れがしやすいという風に、それぞれにメリットが存在します。張地についても、後悔しないための大切なポイントになるので、それぞれの特徴をよく理解した上で、自身の好みに合わせて選ぶようにするといいでしょう。
3つ目の大切なポイントは、耐久性です。ソファーは基本的に長年使用する家具になるので、すぐに壊れてしまうようではいけませんし、処分にも苦労するので耐久性は重要なポイントとなります。例えば、実際に購入する時のそれぞれ価格は異なりますが、あまりにも安く販売されているものは、訳あり品であったり耐久性に欠ける場合があります。価格を見て選ぶことも大切になりますが、長年使用したいと思っているなら、耐久性の高いものを選ぶと後悔することが少なくなります。
続いて4つ目の大切なポイントとしては、座る人数や使用方法です。人数が多いのに一人掛けタイプを選ぶとみんなでくつろぐことができませんし、1人なのに4、5人用のソファーを購入しても場所を取るだけとなってしまいます。それぞれの家庭によって人数は異なると思いますが、座る人数のことを考えて選ぶことも大切です。また、「1人暮らしだけど横になって使用したい」と考えている場合には、2人用以上のものを選ぶといいでしょう。
5つ目のポイントは、サイズです。例えば、マンションに住んでいる人は玄関以外に入れるところがないという場合もあります。そもそも家の中に入るかどうか確認することはとても重要になるので、購入前に玄関のサイズを確認しておくといいでしょう。このように、選ぶときのポイントはいくつか存在しています。後悔しないためにも、今回説明したことをしっかり頭に入れておいてください。

ソファーを手入れする時のポイント


ソファーといってもいろいろな種類が存在しており、中でも、高級な素材で作られているものは耐久性も高いので人気を集めています。しかし、耐久性が高いといっても手入れをしっかり行わないと、場合によっては劣化が進んでしまう可能性もあります。劣化させずに長く使用するためにも手入れは大切になるので、今回は手入れをする時のポイントについて紹介していきます。
まず、毎日のお手入れについてですが、布張りの場合は洋服ブラシなどを使用して埃を取り除くようにしましょう。布張りは、革の素材よりも埃などが付着しやすくなっています。汚れの原因にもなるので、定期的に取り除くようにしましょう。
続いて革張りの場合ですが、革の場合は日頃から乾拭きをすることが大切になります。革は基本的に埃の付着は少ないですが、汚れなどによって劣化が進む場合もあるので、使用した後は乾拭きなどをして汚れを拭き取るようにしましょう。日頃のメンテナンスとしては、革張り専用のクリームなどがあるので、乾燥しないように保湿をすることが大切になります。特に、冬のシーズンに暖房を使用する家庭は、乾燥しがちになるので、しっかりとクリームで手入れをするようにしましょう。このように、それぞれの張地によって手入れ方法は異なるので、購入前に手入れについても調べておくといいでしょう。

部屋を広く見せるためのレイアウトの方法について


それぞれの家庭によって部屋の間取りも異なりますが、できる限り上手く家具を配置して部屋を広く見せたいと思っている方が多いのではないでしょうか。特にソファーはサイズも大きいので、場所を取る場合があります。広く見せるためのレイアウトの方法があるので、それについて紹介していきます。
まず、正方形の部屋の場合ですが、なるべくコーナーを利用して家具を配置し、その他のスペースには何も置かないようにすると、奥行きのある広々とした空間を作ることができます。また長方形の場合は、一方の壁面に沿って縦長のラインを作り、玄関に近い方から大きい家具を置くようにすると、奥行きを広く見せることができます。今回は一部分の紹介になりましたが、部屋を広く見せるための方法はいくつかありますので、レイアウトもしっかり考えたいと思っている方は参考にするといいでしょう。

次の記事へ