ING STYLE FURNITURE

コーナーソファーの選び方やインテリアコーデ

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > コーナーソファーの選び方やインテリアコーデ

コーナーソファーの選び方やインテリアコーデ

コーナーソファーの設置


新しい住まいにコーナーソファーを設置したいと考えている方もおられると思いますし、新居のインテリアにマッチするような素敵なコーナーソファーが欲しいと思っている方もおられるのではないでしょうか。大型のコーナーソファーをリビングなどに設置すれば家族全員でのんびりと過ごすこともできますし、快適な家族団らんのスペースを確保することも可能となるでしょう。しかし、初めてコーナーソファーを購入するという方だとどのようにして製品を選べばいいのか悩んでしまう方もおられるはずです。
そもそもコーナーソファーとは、部屋の角部分に合わせて設置することを目的として作られているソファーで、L字型ソファーなどと呼ばれることもあります。一般的なI型のソファーと比べてより広く使用することができますし、部屋のスペースを有効活用することもできるようになります。部屋の角に合わせて設置が可能なこのソファーは、基本的にどの製品も大型になることが多く、価格もそれなりに高くなりがちです。それだけに商品を選ぶときには慎重になってしまうのは仕方のないことでしょう。
まず、コーナーソファーを設置したいのならソファーを設置できる部屋かどうかを見極める必要があります。たくさんの魅力が詰まっているソファーですが、どんな部屋にも設置できるとは限りません。設置に向いている部屋もあればそうでない部屋もあります。大型のソファーとなってしまうためそれなりのスペースを要しますから、できれば10畳以上の部屋に設置することをお勧めします。もちろん、8畳程度の部屋でも設置することは可能ですが、部屋の多くをソファーが占めてしまうような感覚になるでしょう。できるだけ広い部屋に設置することいいです。

コーナーソファーの種類


コーナーソファーと一口に言ってもいろいろな種類があります。これから購入したいと考えているのなら、どのような種類のソファーがあるかだけでも知識として知っておくと、購入時の役に立つでしょう。まず、コーナーカウチソファーと呼ばれるタイプはもっともスタンダードなタイプとなり、家具を扱っている店舗ならたいてい扱われています。コーナーソファーをイメージしたときにまず思い浮かぶタイプですし、リビングなどの広い部屋に設置して大勢で使用することを想定したソファーです。
フロアコーナーソファーは座面が低くなっているソファーで、ローソファーなどと呼ばれることもあります。フロアとの距離が近く、日本人にとっては親しみを持ちやすい形状ではないでしょうか。座面とフロアの距離が短いため小さなお子さんやペットが転落した場合でも大けがに発展するようなことは少ないでしょうし、安全面でもおすすめできるソファーです。ローソファーも各メーカーによってさまざまなタイプの品がリリースされており、丸みを帯びたデザインのものや逆に角ばった近未来的なデザインの製品もあります。
ハイバックと呼ばれるタイプは大きな背もたれがついています。このソファーの大きな特徴は座り心地が良いということで、座り心地を重視する方にはおすすめのソファーではないでしょうか。座面だけでなく背中も柔らかく包み込んでくれるため、そのまま睡眠をとることも可能です。ただ、ハイバックのソファーは見た目がとても大きく見えてしまい、狭い部屋だと圧迫感を感じてしまうかもしれません。そこは気を付けてください。

コーナーソファーの選び方


コーナーソファーの選び方ですが、これと言った決まりなどはありませんから、好みや感性で選んでも特に問題はありません。ただ、最初にお伝えしたようにそれなりのスペースが必要となりますから、設置する部屋のサイズなども考慮したうえで製品を選ぶ必要があります。特にハイバックのソファーになると実際に設置するととても大きく見えてしまいますし、10畳以下の部屋だと圧迫感もあるでしょう。設置してから後悔するのはイヤでしょうから、あらかじめどの部屋に設置するかを決めて、それに応じたものを選びましょう。
現在ではさまざまなコーナーソファーが販売されていますし、機能性を重視した製品もたくさんあります。分割できるものや通気性の優れたものなどもありますが、部屋のインテリアにマッチするかどうかというのも重要なポイントと言えるでしょう。コーナーソファーはリビングに設置するケースが多いでしょうし、リビングは家族だけで使用するとは限りません。親戚や友人、知人、職場の同僚などがやってくることもありますし、あまりにも部屋とミスマッチなデザインのソファーを選んでしまうとセンスを疑われてしまいます。
デザイン性に優れた製品もたくさんありますし、できるだけ部屋のインテリアとマッチするものをチョイスしましょう。壁紙の色や照明など、トータルでのコーディネートが必要となります。また、頻繁に模様替えや掃除をしたいという方だとなるべく軽い製品を選んでおくといいでしょう。軽ければ移動も楽ですし、模様替えや掃除のときも便利です。購入時には重量にも注目してみましょう。

次の記事へ