ING STYLE FURNITURE

コーナーソファーの利用用途と選び方のポイントは?

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > コーナーソファーの利用用途と選び方のポイントは?

コーナーソファーの利用用途と選び方のポイントは?

コーナーソファーの利用用途は?


「コーナーソファー」と聞くとあまりなじみが無い方もいるかもしれませんが、コーナーソファーとはその名の通り、「部屋の角に置くこと」を意識して作られたタイプのソファーで、角に合わせるため、全体的に角張ったデザインが特徴的なソファーとして知られています。主な利用用途としては、壁のコーナーに置いて、日頃そこに座りながらゆったりとした時を過ごすことが出来る他、逆にその角張ったデザインを活かして、コーナーと言わずに堂々と真ん中に置き、広い空間を間仕切りする役目を果たしたり、オフィスの来客用などに利用される椅子としても重宝される傾向があるようです。
元々の利用用途は、家で壁などの角にピッタリと収まるということが挙げられていましたが、近年ではこのように元々の利用目的としてではないものの、その独特の雰囲気を活かして様々な場面に使用され、重宝される傾向があるでしょう。家庭用のみとしてだけではなく、オフィスに置くことで、オフィスのビジネス的な空間を邪魔することなく、自然にオフィスのインテリアに溶け込むことが出来ますし、材質にこだわりを持てば、カフェなどに置くと、殺風景に感じていたお店がオシャレな雰囲気のお店へと一気に早変わりすることもあるでしょう。他にも、レストランや待合室、応接室など、特殊な雰囲気の場所から、オシャレな雰囲気を出したい場所まで、様々な場面で利用されることが多くなりつつあります。元々はソファーですので、座りやすさが重要視されるべきですが、見た目に関してもこだわりを持つことで、ソファー一つで簡単にその場の空気や雰囲気を作ることが出来るとも言えます。

家に合ったソファーの選び方


それだけでおしゃれな雰囲気を持っている「コーナーソファー」を家に置くためには、家の雰囲気や、部屋の広さに合っている商品を選ぶことが大切ですが、具体的にはどのような観点でソファー選びを行えばいいのでしょうか?コーナーソファーを選ぶ際のポイントをいくつかご説明します。家に合っている雰囲気の物を選ぶためにはまず、自身の家の雰囲気を知ることが大切です。まだこれから雰囲気を作っていきたいという方は、どんな雰囲気にしていきたいのかを考えてソファー選びを行うようにするといいでしょう。例えば、モダンな雰囲気にしたいのであれば、シックな革張りのソファー、ナチュラルな雰囲気を目指しているのであれば、色合いもナチュラルな布製のソファーなど、雰囲気に合った材質のソファーを選ぶことで、同じ形、同じサイズでも、受ける印象が大きく異なるでしょう。
また同じコーナーソファーでも、商品によってサイズが大きく異なりますので、自分の家に合ったサイズの商品を購入することが大切です。商品によっては、サイズ感一つで全く別の雰囲気を与えるようなものも多くありますし、何より家に置く際にはサイズが大きすぎても小さすぎても、普段使いをするのに不便になる可能性が高いので、出来るだけサイズに関してもこだわりを持つようにして、置きたい場所のサイズを事前に測っておき、サイズ表を見てソファー選びをするという方法をおすすめします。このように、家に合ったソファーを選ぶためには材質やサイズ感、雰囲気などを考えて、インテリアのコーディネートをするようにしてみてください。

デザイン一つで雰囲気が変わる


コーナーソファーには様々な種類がありますが、デザイン一つで大きく雰囲気が異なる商品が多いでしょう。デザインというと、具体的には次のような部分が挙げられます。まずは商品そのもののカラーリングです。同じ布製の商品でも、黒色なのか、オレンジ色なのか、抹茶色なのかによっても全く雰囲気や印象が異なりますし、何より、部屋に合うソファーが異なりますので、カラーリングも重視して選ぶようにしなければ、部屋全体に統一感を持たせることが出来ず、ちぐはぐな印象になってしまいます。
次に、商品の装飾や加工などです。これにはビンテージ加工や刺繍などが挙げられますが、こうした装飾や加工の違いも大きな違いとなりますので、こだわりの商品を探している方は、オリジナリティを出すためにも非常に重要となる部分でしょう。
ただ、こうした加工をされている商品は限定品である可能性もあり、いくつか揃えようとしてもお店でなかなか手に入らないというケースもありますので、そうした部分に気を付けて検討しましょう。
そして、商品に使われている生地などの材質や、商品のフォルムについてです。商品に使われている生地が皮なのか布なのかなど、同じ色でも材質によって与える雰囲気や、掃除のしやすさなども異なってきますので、いくつか比較をしてみるといいでしょう。また、同じコーナーソファーと言っても、何となく丸みを帯びているような商品、カクカクとした王道の商品と、商品によって大きく雰囲気が異なりますので、比較することをおすすめします。

次の記事へ