ING STYLE FURNITURE

インテリアとしても重要となる2人掛けソファーの選び方

高級ソファー通販のイグスタイルファニチャー > コラム > インテリアとしても重要となる2人掛けソファーの選び方

インテリアとしても重要となる2人掛けソファーの選び方


インテリアの重要ポイント



引っ越ししたり新しく家を建てたりすると、新しいソファーが欲しくなることもあるでしょう。ひとつあると、インテリアとしても、かなり締まります。

ところが、2人掛けソファーを選ぶというのは、意外と難しいことです。人気はありますが、いざ購入を考えてみると、簡単に買い替えられるものでもなく、色も含めてどんなものがいいのか迷ってしまうからです。

2人掛けソファーは、120cmから165cmくらいの大きさのものが多くなっていますが、特に何か決まりがあるわけではありません。2人で座るとピッタリと収まるサイズのソファーもありますし、ゆったりと余裕を持って座ることができるサイズのソファーもあります。最近では、2,5人掛けといったものもありますので、このようなものを選べば2人で座ったとしてもくつろぐことができるでしょう。メーカーによってもかなりの差があり、ばらつきもありますので、大きさを表すひとつの単位として考えておくと良いでしょう。非常にあいまいなものではありますが、必ずチェックしておくべきポイントはあります。ひとつずつ抑えていくと、失敗を防ぐことができますので確認しておくようにしましょう。

まずは、横幅の確認からスタートしなければいけません。なぜならば、横幅を間違うと、置くことができなくなるからです。寸法を合わせるだけではなく、動線も考えてサイズを決めておくことが重要です。ソファーをおいてみたものの、動きが取れなくなったら意味がありません。次に肘掛けがあるかどうかです。これが座面の面積を大きく左右します。例えば、140cmある2人掛けソファーだったとしても、肘掛けが大きくなると110cm確保できないものがありますので注意が必要です。これも、肘掛け部分の大きさの問題で安定感はありますが、スペースは狭くなると考えなければいけません。そのため最近では、コンパクトなサイズであっても、大きな座面を確保することができるという理由から肘掛けがないものや、片側だけついているものも人気があります。



ワンルームで2人掛けソファーを置く



ワンルームマンションということを考えてみると、そこまでいろいろな家具は置けないでしょう。一部屋に入る分量には限りがありますから、きちんと部屋に合った2人掛けソファーを選ぶことが大切です。そこで、実際に測って購入することがポイントになります。ショールームで見てみると、空間が大きいことから寸法が小さく感じることがあります。購入して実際に部屋へ入れようとしたけど入らないということも出てきますので、大きさの確認が重要です。

特に小さ目や大きめという言葉には、注意が必要となります。あくまでも主観ですので、大きさの形容詞はあてにならないと考えた方が良いでしょう。通信販売などの時も、しっかりと寸法を測り購入することが大切です。ワンルームの場合には、間口が狭いこともありますので、入るかどうかも確認しておくと良いでしょう。

こうしたソファーの場合、バックの大きさということも考えていかなければいけません。ハイバックになっていると、ホールド感が高まります。ゆったりした感じにすることができるため、満足感も高くなるでしょう。その反面、部屋の中での存在感が強くなります。それだけ圧迫感ももたらすことになるため、注意が必要となります。広い部屋に置くのなら問題ないでしょうが、ワンルームとなると失敗する大きな要因となりますので、幅だけでなく高さに関しても確かめておく必要があります。もしも、ハイバックがいいというのであれば、壁の色と合わせてしまうなど、圧迫感を軽減できるように工夫することが大切です。



座ってみた時の感触を大切に



素材や色も重要なポイントです。掃除ということを考えると、合皮は大変便利ですが、長く持ちません。3年程度で傷みが出るようになり、つやもなくなっていきます。どうしても合皮がいいという場合には、ライフサイクルを頭に入れておくといいでしょう。

汚れということでは、ファブリックは不利と思うかもしれませんが、模様があるとあまり気になりません。特に小柄な模様を選べば、あまり影響はないでしょう。無地がいいという場合には、できるだけ陰影ができやすいものにすると目立ちにくくなります。

肘掛けは重要な問題になってきますが、無いと座面が広くなる代わりにゆったり座ることができなくなります。高さの問題もありますし、どんな素材でできているかも大きな影響を与えるでしょう。低めのタイプを選ぶと、一人の時に枕代わりにすることもできるため便利なことは確かです。また、オットマンをつけるというのも選択になるでしょう。ワンルームなどでもオットマンがあれば、使い勝手は広がります。足を伸ばしたいときにも使えますので、ソファーとともに購入を考えておくと良いでしょう。

また、座り心地にも影響する継ぎ目の問題を忘れてはいけません。中央にあるかどうかで、座り心地に差が出ます。継ぎ目があると、2人で座っても動きが伝わりにくくなります。継ぎ目が多くなればなるほど、クッション性は悪くなり、快適性を損なうこともありますが、座面を硬くするなど対応しているものもありますので、座って選ぶことが大切でしょう。

ソファーはインテリアの大事な要素で、家具としても重要なポイントです。一度感触を確かめ、寸法を確認してから購入するといいでしょう。

次の記事へ